Copyright (c) 2016 HARUNIRE NO SATO all rights reserved.

社会福祉法人 はるにれの里

新着情報

2018/01/31
<<平成31年度 第1回見学会・説明会のご案内>>

4月6日(金)13時00分~17時00分
はるにれの里が運営する生活介護事業所、他2か所を見学していただき、事業説明会では先輩職員との意見交換ができます。
送迎バスを札幌市北区麻生の「イオン札幌麻生店」前から運行いたしますので、ご応募ください。
※当日参加者には、「ベーカリーショップこむぎっこ」のパンをご用意しています。

詳細はこちらから
送迎バス乗車場所はこちらから



2018/01/25
「石狩市相談支援センターぷろっぷ」では、正職員の募集を行ってます。
勤務地は、石狩市花川北6条1丁目41-1 りんくる内です。

【仕事の内容】 相談員

応募方法及び詳細はこちらから

2018/01/25
「児童発達支援センターさんりんしゃ」では、正職員及びパート職員の募集を行ってます。
勤務地は札幌市西区福井4丁目3-5です。

【仕事の内容】 発達に偏りのあるお子さんへの療育支援、
        それに関する準備や事務的業務

正職員の応募方法及び詳細はこちらから
パート職員の応募方法及び詳細はこちらから

2018/01/16
「生活介護事業所ほしのみ」では、パート職員の募集を行ってます。
勤務地は札幌市西区発寒17条3丁目1-1です。

【仕事の内容】 利用者の支援補助

応募方法及び詳細はこちらから


2017/12/21
指定)北海道行動援護従業者養成研修(第7回)開催について
行動の上で困難を有する障がいのある方の地域生活において、行動援護従業者が担う役割には大きな期待がかけられています。本研修では、行動援護にかかわる基礎的知識、障がい特性の理解、さらには基礎理解をベースとした実践演習を行うことにより、行動援護を実践していくためのベースを身につけていただきます。本研修の修了はあくまで行動援護従業者としてのスタートラインであり、より重要なことは日々の実践の積み重ねであります。そのため、希望者には研修講師を受講者の実践現場に派遣をし、サービス同行、助言を行う等のフォローアップ研修も行うことで、行動援護の実践力向上、実践家を数多く養成し、北海道全体の行動援護基盤体制を整えていくことを目指します。

※行動援護従業者養成研修の受講が必須化されたことにより、平成30年4月1日以降は未受講者
の行動援護サービス提供はできません。該当の従業者は今年度中の受講が必要です。

<<開催日程>>
   平成30年 2月21日(水)~22日(木) 前期
   平成30年 3月14日(水)~15日(木) 後期  (計4日間)
    ※全日程参加された方には修了証が渡されます。
    
<<場所>>
札幌市自閉症者自立支援センター( ゆい )会議室
    札幌市東区東雁来12条4丁目1-5
<<受講料>>
    本研修は40,000円の受講料がかかります。(テキスト代含む)
<<募集期間>>
    平成29年 12月25日(月)~1月10日(水)(必着)

募集要項(こちらをクリックしてください。)
カリキュラム・時間(こちらをクリックしてください。)
講師一覧(こちらをクリックしてください。)
受講申込書及び申し込み方法(こちらからお申し込みください。)


2017/12/15
今年も!出展します!!
【新卒向け福祉就職フェア】
平成30年3月21日(土)午前中に Nagatacho GRID 6階にて皆さんのお越しをお待ちしています。
    【参加無料】詳細、お申し込みは下のバナーをクリックしてください。


2017/12/14
<<本研修の募集は締め切りました>>

平成29年度(指定)北海道 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)の開催について

※ 1-本事業は、北海道より社会福祉法人はるにれの里が事業指定を受けて実施するものです。
※ 2-基礎編及び(実践編)の4日間に渡るカリキュラムは、行動援護従事者研修(一部事例のみ異なる)と統合され「行動援護従事者研修の修了」ともみなされます。
※ 3-本研修(基礎編)を修了することにより、重度訪問介護従事者養成研修(行動障害支援課程)について修了したこととなり、知的・行動障害領域の重度訪問介護に従事できることになります。
※ 4-本研修は、施設入所支援における「重度障害者支援加算(Ⅱ)」並びに短期入所における「重度障害者支援加算」、共同生活援助における「重度障害者支援加算」、福祉型・医療型障害児入所施設における「重度障害児支援加算」、福祉型障害児入所施設における「強度行動障害児特別支援加算」、児童発達支援・放課後等デイサービスにおける「児童指導員等配置加算」(*)、「指導員加配加算」(*)の算定要件に必要な研修です。(*児童指導員、保育士でも算定可)

<<開催日程>>
    平成30年2月13日(火)~2月14日(水) (2日間)
    *全日参加された方には、修了証書が渡されます。
<<場所>>
    札幌コンベンションセンター
      (札幌市白石区東札幌6条1丁目1−1)
<<定員>>
    300名
<<受講料>>
    本研修は20,000円の受講料がかかります。(テキスト代含む)
<<募集期限>>
    平成29年11月15日~平成30年1月18日(17:00まで)

開催要項(こちらをクリックしてください。)
研修日程(こちらをクリックしてください。)


2017/12/02
「札幌市自閉症・発達障がい支援センターおがる」では、パート職員の募集を行ってます。
勤務地は札幌市東区東雁来12条4丁目1-5です。

仕事の内容は、相談電話受付 事務作業補助 Excelの入力等

応募方法及び詳細はこちらから


2017/11/30
指定)北海道行動援護従業者養成研修開催について
行動の上で困難を有する障がいのある方の地域生活において、行動援護従業者が担う役割には大きな期待がかけられています。本研修では、行動援護にかかわる基礎的知識、障がい特性の理解、さらには基礎理解をベースとした実践演習を行うことにより、行動援護を実践していくためのベースを身につけていただきます。本研修の修了はあくまで行動援護従業者としてのスタートラインであり、より重要なことは日々の実践の積み重ねであります。そのため、希望者には研修講師を受講者の実践現場に派遣をし、サービス同行、助言を行う等のフォローアップ研修も行うことで、行動援護の実践力向上、実践家を数多く養成し、北海道全体の行動援護基盤体制を整えていくことを目指します。

※行動援護従業者養成研修の受講が必須化されたことにより、平成30年4月1日以降は未受講者
の行動援護サービス提供はできません。該当の従業者は今年度中の受講が必要です。

<<開催日程>>
   平成30年 1月24日(水)~25日(木) 前期
   平成30年 2月 7日(水)~ 8日(木) 後期  (計4日間)
    ※全日程参加された方には修了証が渡されます。
    ※尚、年度内7月以降も複数回の開催を予定しております。別途ご案内
     致します。

<<場所>>
札幌市自閉症者自立支援センター( ゆい )会議室
    札幌市東区東雁来12条4丁目1-5
<<受講料>>
    本研修は40,000円の受講料がかかります。(テキスト代含む)
<<募集期間>>
    平成29年 12月1日(金)~12月10日(日)(必着)

募集要項(こちらをクリックしてください。)
カリキュラム・時間(こちらをクリックしてください。)
講師一覧(こちらをクリックしてください。)
受講申込書及び申し込み方法(こちらからお申し込みください。)
2017/11/15
平成29年度(指定)北海道 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)の開催について

<<目的>>
 日本の強度行動障がい児者支援に係る取り組みは実に20数年に及びます。
しかし、現在においても福祉、教育、地域、家庭等様々な環境で支援に苦慮する状況が多く見られ、最悪のケースでは障がい者虐待へと結びつく可能性が懸念されています。
最も重要なことは、二次障がいである強度行動障がいという状態像に至らないように「予防」していくという視点と実践です。
これまでの関係する調査研究で明らかになっているのは、知的発達症と自閉症スペクトラム症という障がいをあわせもった人が強度行動障がいという状態に傾斜することが多いということがわかっています。
二次的に強度行動障がいとなるメカニズムは解明されています。自閉症という障がいの特性をもった人と社会的な環境との相互作用によって起こります。わかりやすく言いますと自閉症という障がいの特性を理解しないで人が関わることによって起こるということです。
 私たちは、彼らの障がいの特性を理解した上で有効な支援の方法を学ぶことによって、彼らに関わらせていただくための最初の入り口に立つことができます。強度行動障がいという状態を抱えることは本人、そして家族や周辺で支える人たちにとってもとても辛いことです。行動障がいの低減を図り、私たちの本来の使命である彼らのための幸せ追求をはじめるためにも本研修の受講をお勧めします。
※ 1-本事業は、北海道より社会福祉法人はるにれの里が事業指定を受けて実施するものです。
※ 2-基礎編及び(実践編)の4日間に渡るカリキュラムは、行動援護従事者研修(一部事例のみ異なる)と統合され「行動援護従事者研修の修了」ともみなされます。
※ 3-本研修(基礎編)を修了することにより、重度訪問介護従事者養成研修(行動障害支援課程)について修了したこととなり、知的・行動障害領域の重度訪問介護に従事できることになります。
※ 4-本研修は、施設入所支援における「重度障害者支援加算(Ⅱ)」並びに短期入所における「重度障害者支援加算」、共同生活援助における「重度障害者支援加算」、福祉型・医療型障害児入所施設における「重度障害児支援加算」、福祉型障害児入所施設における「強度行動障害児特別支援加算」、児童発達支援・放課後等デイサービスにおける「児童指導員等配置加算」(*)、「指導員加配加算」(*)の算定要件に必要な研修です。(*児童指導員、保育士でも算定可)
<<開催日程>>
平成30年1月10日(水)~1月11日(木) (2日間)
*全日参加された方には、修了証書が渡されます。
<<場所>>
札幌テレビ塔 2F 会議室
  (札幌市中央区大通り西1丁目)
<<受講料>>
本研修は20,000円の受講料がかかります。(テキスト代含む)
<<募集期限>>
平成29年11月15日~平成29年12月8日(17:00まで)
開催要項(こちらをクリックしてください。)
研修日程(こちらをクリックしてください。)
お申込み
2017/11/14
社会福祉法人はるにれの里 法人本部では、正職員の募集を行ってます。
勤務地は石狩市花川北1条5丁目171です。

【仕事の内容】 経理業務 仕訳 会計ソフト入力 障がい福祉サービス費請求 等

応募方法及び詳細はこちらから



2017/10/11
「生活介護事業所さりゅう」では、パート職員の募集を行ってます。
勤務地は札幌市北区篠路2条6丁目5-29です。

自閉症や知的障がいの方の作業、余暇、身辺自立を柱とした日中活動の支援を行っている事業所です。

応募方法及び詳細はこちらから


2017/03/01
公益財団法人日本財団様のご協力により、「2016年度 社会福祉施設等の改造・修繕等に関する助成事業」にて、当法人の「多機能型事業所 ふれあいきのこ村」改修工事を完了することができました。
椎茸栽培ビニールハウス設備および機械設備の改修工事が行われたことにより、利用者および職員の作業量改善、椎茸の品質向上、年間通した椎茸の安定生産が可能となり、お客様に美味しい椎茸をお届けします。「多機能型事業所 ふれあいきのこ村」は、開設当時から公益財団法人日本財団様にご協力を頂き14年が経過しました。これからも、主要取引先の信頼獲得や利用者工賃の向上に邁進していきます。

助成事業完了報告書
2013/04/03
地域活動支援センター 彩 開設のお知らせ

公益財団法人JKA 平成24年度補助事業を受け、平成25年4月1日に開設いたしました。

地域活動支援センター 彩
〒061-3332
石狩市厚田区虹が原165-64
TEL(0133)66-3617
2012/10/01
今般、平成24年度障害者自立支援対策推進費補助金(障害者自立支援基盤整備事業を受け、一般競争入札によって、(仮称)生活介護事業所レラ・もうらい改修工事を実施します。


工事名(仮称)生活介護事業所レラ・もうらい改修工事
   制限付一般競争入札公告

   参加資格審査申請書
2012/07/09
今般、財団法人JKA 平成24年度補助事業を受け、一般競争入札によって、地域活動
       センター及びケアホームの新築工事を実施します。


工事名(仮称)厚田地域活動拠点施設新築工事

   制限付一般競争入札公告

   参加資格審査申請書
2011/12/10
<<日本財団助成事業完了のお知らせ>>
2011/04/05
「東北地方太平洋沖地震」被災者への緊急災害復興義捐金贈呈
2011/03/10
<<日本財団助成事業完了のお知らせ>>
2011/01/25
<<日本財団助成事業完了のお知らせ>>
2010/05/20
私たちのあゆみに「20周年記念誌」追加しました。