社会福祉法人 はるにれの里

〒061-3211 北海道石狩市花川北1条5丁目171番地 電話: 0133-62-8360 ファクス: 0133-72-1316

〒061-3211 北海道石狩市花川北1条5丁目171番地
電話: 0133-62-8360 ファクス: 0133-72-1316

児童発達支援センター さんりんしゃ 新着情報

2022/08/09
□8月6日(木)、七夕の会を行いました。みんなで七夕の説明スライドを観て、歌をうたいました。最後にアイスキャンディーを食べました。飾られた短冊には『いちごの家にすみたいな』、『ランボルギーニときょうそうできますように』といった子どもたちの願い事が書かれていました。かなうといいな。
2022/07/18
□7月18日(月)午後は、委員会研修と学習会を行いました。委員会研修会では子どもの虐待防止、権利擁護について発表が行われました。普段の子どもたちとの関りを振り返りつつ、身体的・心理的・性的虐待・ネグレクトおよび権利擁護に対して学びを深めました。学習会(2回目)では『子どもたちへの関わりについて考える』をテーマにした発表がありました。グループワークでは『大切にされているという実感』を子どもたちが持てるようにするには、どういう関りが必要かを話し合いました。『選択の機会』の重要性を見つめなおすことができました。
2022/07/13
□7月8日(金)、今年初めての水遊びを行いました。天気も良く絶好の水遊び日和でした。今年は念願のビニールプールも新しく加わりました。水浴びを嬉々として楽しむ子供たち、ちょっとおっかなびっくりの子どもたちなど、色々な姿が見られました。皆、思い思いの時間を過ごすことができました。今年はあと3回行う予定です。
2022/06/29
□本日6月29日(水)、さんりんしゃ衛生委員会による職員学習会が行われました。今回は法人看護部とコラボして、『子どもに多いけがとその応急処置について』、『通院時のワンポイントアドバイス』の2点について学習しました。1時間を超える学習会となり、活発な質疑が行われました。普段とは違った医療的視点の学びは貴重なものになりました。
2022/06/28
□本日6月28日(火)、嘱託医の問診が無事に行われました。泣いてしまう子どももいましたが、子ども達はがんばって問診を受けることができました。また、昨日27日(月)から光塩短大から1名の学生さんがさんりんしゃで実習を開始しています。そして、すでに実習を終えた学生さんたちからお礼の手紙も届いています。職員一同、喜んでいるところです。これからも頑張っていきたいと思います。
2022/06/15
□6月13日(月)、午前のひまわり枠の保護者参観が久しぶりに開催されました。子どもたたちはお母さん、お父さんを見て大喜びでした。来週20日(月)からは午後のちゅーりっぷ枠の参観が予定されています。少しずつですが、コロナ禍前の日常を取り戻しつつあります。5月から実習の受け入れも再開しています。現在、1名の学生さんが実習をがんばっています。
2022/05/25
□5月20日(金)、3年ぶりに保護者参加で芋植え遠足に出かけてきました。予期せぬハプニングのために残念ながらお昼ごはんは食べられませんでしたが、芋植えとシャボン玉遊びを楽しみました。秋の収穫が楽しみです。なお、芋を植えた畑は北の沢デイセンターのご厚意で貸していただいたものです。また、普段の栽培管理も行っていただいています。本当にありがとうございます。
2022/04/02
□4月2日(土)、無事に進級式を終えることができました。ありがとうございました。新しいお友だちを加えて総勢17名の子どもたちと20名のスタッフでさんしんしゃ号が出航します。今年でさんりんしゃは10年という節目を迎えます。楽しい航海になることを願っています。
2022/03/26
2021年度 「児童発達支援ガイドライン」を公開しました。

保護者評価
事業所内評価 
2022/03/26
□3月26日(土)、卒園式を無事に執り行うことができました。5名の園児たちがそれぞれの新しい道に向かって巣立っていきました。ありがとうございました。
2022/03/07
□3月5日(土)は大掃除の日でした。卒園式に向けて職員総出で行いました。そして、職員だけで卒園式のリハーサルを行い、流れ、課題の確認を行いました。リハーサルで映し出された『思い出ムービ』ーに目が潤む職員がいました。もうすぐ旅立ちの季節です。

2022/02/28
□令和4年度の新規児童者の受け付けは午前、午後ともに定員枠に達したために終了しました。なお、待機児童者の受け付けは引き続き行っています。よろしくお願いします。
2021/04/05
2020年度 「児童発達支援ガイドライン」を公開しました。

詳細はここをクリックしてください  

「さんりんしゃ」では、自閉症やその周辺の発達障がいを持つお子様の特性理解に努め、1人1人に合わせた支援を目指します。

このページのトップへ