社会福祉法人 はるにれの里


おがるの役割

札幌市自閉症・発達障がい支援センター(愛称おがる)は、「発達障害者支援法」「発達障害者支援センター運営事業実施要綱」に基づいて設置さ れた、発達障がい児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的 機関です。 札幌市では、社会福祉法人はるにれの里が札幌市からの指定を受け、その運 営を行っています。札幌市における発達障がい児・者への支援体制を整えて いくことが、私たちの仕事です。

人材育成

(1)研修機能
各種対象者を想定し、講義から実技まで揃えた、多彩な研修メニューを提供
(2)機関支援
機関のニーズにより、職員研修、ケースカンファレンスへの出席、支援方法についての 助言など、をおこないます。

ネットワーク

札幌市自立支援協議会のような各種ネットワークと連動し、支援者同士のつながりや学 びの場をつくります。

普及啓発

発達障がいが正しく理解されるよう発信します。

モデル事業

既存の社会資源にはなかなかない支援については、モデル的に実践をし、効果検証をし、 普及の方法を検討します。

相談支援

札幌市内には発達障がいの方を地域で支えるためのシステムが存在します。相談をお受けしたのち、地域で支援体制が組めるよう情報提供をしたり、支援体制強化のお手伝い をします。

発達障害とは

 発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条より)と定義されています。
 これらのタイプのうちどれにあたるのか、障害の種類を明確に分けて診断することは大変難しいとされています。障害ごとの特徴(とくちょう)がそれぞれ少しずつ重なり合っている場合も多いからです。また、年齢や環境により目立つ症状がちがってくるので、診断された時期により、診断名が異なることもあります。
 大事なことは、その人がどんなことができて、何が苦手なのか、どんな魅力があるのかといった「その人」に目を向けることです。そして、その人その人に合った支援があれば、だれもが自分らしく、生きていけるのです。
【発達障害情報・支援センターより引用】

発達障がいって?

脳の先天的な障がいであり、育て方や心の病気からなるものではありません。できるところとできないところのアンバランスさが目立つ人が多いです。確かに不得意はあるでしょう。でも、得意なところもたくさんあるのです。周囲の理解と、自分にあった目標へのご本人のがんばりが合わされば、その人なりの自己実現や社会参加が可能です。

・自閉症スペクトラム障害(ASD)
・注意欠如/多動性障害(AD/HD)
・特異的学習障害(SLD)

このページのトップへ